このガイドラインは、本校のインターネットを活用した教育活動及びホームページ作成に関わって,個人情報の保護、セキュリティーの確保および著作権への配慮事項を示すものである。
 
1 個人情報の保護

   インターネットを活用した教育活動を行う際には、個人情報保護に配慮する  必要がある。特に、児童の名前,住所、電話番号、生年月日、性別、家族構成 等に関する情報をホームページの内容として取り扱ってはならない。
   ただし、学校行事の紹介、児童の作品の紹介、活動成果の紹介など校長が 必要と判断する場合には、本人・保護者の同意を得て、次に表す内容を掲載す ることができる。
 
 @ 写真
   児童の写真を掲載する際には、ぼかし処理を施したり,集合写真とするなど  個人が特定できないようにすること。
 A 作品
   児童、教員等の作品については、教育活動の過程において制作されたもの  各種研究会、発表会、展覧会等に応募したものおよび既刊の冊子等に掲載さ  れたものに限ること。
 B 児童の意見・感想等
   児童の意見・感想等については、個人が特定できないようにすること。
 
2 セキュリティーの確保

  セキュリティーとはインターネットを安心して利用するため注意を払うべき安全 対策のことをいう。  
  サーバー内に蓄積された情報の漏洩を防止するため、セキュリティーの確保を 図ることは特に重要である。インターネットを利用する際には、校内の管理責任 者を定め、責任体制を確立し、適正な管理・運営をはかる必要がある。また、児 童にセキュリティーの必要性・大切さを指導する必要がある。
 
  (1) パスワード,IDの不正利用を防ぐため、パスワードを定期的に更新するなど   適正な管理を行い、情報の漏洩を防止すること。
  (2) 管理責任者は定期的にインターネットの利用状況を把握し、利用状況の記   録および監視を行うこと。
 
3 著作権への配慮

  文章や写真、音楽など著作物に関する権利は、著作権者だけが有しており、  これを複製、転載、改変する場合は、著作権者の許諾を得なければならない。 
 
  (1) 他人のホームページや掲示板に載っている文章や写真等を無断で本校の    ホームページや電子掲示板に転載すること。
  (2) 書籍、雑誌、新聞などの記事や写真などを無断で転載すること。
  (3) テレビやビデオから取り込んだ画像やデータを無断で掲載すること。
  (4) 芸能人や著名人の写真、キャラクターなどの画像データを無断で掲載する    こと。
  (5) 音楽や歌詞またはCD等から取り込んだデータを無断で掲載すること。
  (6) 他人の電子メールを無断で掲載すること。
 
4 その他の配慮事項
 (1) 違法・有害な情報への対応
   インターネットのホームページ等には、児童の健全な発達に好ましくない違   法・有害な情報が流通している。このため、次の点に配慮し、適切な対応をは  かる必要がある。
 
  ア 児童が違法・有害な情報に接続できないようにフィルタリング技術の活     用を図る。
  イ 法令および公序良俗に反するもの、営利を目的とするもの、著作権等を     侵害するもの,その他校長が不適切と判断するものは、ホームページに掲    載しない。
  (2) 教職員の研修
    本校におけるインターネットの活用方法や、情報発信のためのホームペー   ジ作成および情報モラルの育成について、本校では指導方法や指導内容に   かかる実践的な研究を進めるとともに、校長や管理責任者等が中心となり、   校内研修の内容に位置付ける。